【ファミリーカー】選び方とおすすめの人気モデルを紹介

ファミリーカーを選ぶポイント

家族が増えると、多くの方は「そろそろファミリーカーを購入しようかー」と考え始めます。しかし、ファミリーカーを選ぶとなると、わからないところが多いと思います。以下の点について悩んでいる方が多いのではないでしょうか?

  • ファミリーカーを選ぶときに、何を重視するべきか?
  • 選ぶポイントは何でしょう?
  • 実際にどの車はおすすめ?

そこで今回は、ファミリーカーの選び方ポイント及びおすすめモデルとその理由を説明していきます。ファミリーカーの購入を検討している方は、ぜひご一読ください。

ママにおすすめ車とは?子育てママの車選び!先輩ママに聞くおすすめ車5選紹介

ファミリーカーを選ぶポイント

まずは、ファミリーカーを選ぶポイントを説明したいと思います。大事なものだけについてまとめると、以下の三つとなります。

  1. 機能性が高い方が良い
  2. 車の大きさを重視
  3. スライドドアがあった方が良い

それでは、それぞれについてもう少し詳しく説明していきます。

機能性が高い方が良い

ファミリーカーを選ぶポイントの一つとして、まずは「機能性」があげられます。

機能性は収納スペース、車内が広い(天井が高い)といった実用性が重要になってきます。子どもありきでのカーライフを想定し、車内でも動きやすく、子どもの世話をしやすい事を重視する必要があります。

ワゴンタイプ等の車内が広く、収納スペースが大きく、チャイルドシート設置の為にシートがフラットなものがファミリーカーには最適だと思われます。

車の大きさを重視

やはり決め手の一つとなるのは、車の大きさですね。

今の車は十分に10年は乗れるので、10年後まで乗ることを見据えたファミリーカーの「必要な大きさ」が一番重要だと思います。ファミリーカーの「必要な大きさ」は家族構成や、用途で決まります。

家族が5人以上で、子供が小さくて旅行によく使うようなら、大きめの8人乗りが良いと思います。逆に4人以下で、子供が中学生に近ければ、今後子供が乗らなくなることが予想されるので、ファミリーカーとしては軽自動車でも十分の場合が多いです。

ただ、例えば家族は4人でも、普通の4人乗りの車だと小さく感じたり、狭いので乗ることがストレスになったりする場合もあります。大きく見えても実際に4人で乗ると意外と狭いということがよくあるので、購入する前に全員で乗ってみると良いでしょう。

ミニバンから一時期suvに乗り換えた際に家族みんなで抗議していましたね。結果的にその車は3年程で売りに出しました。見た目が大きくても車高が低いものがあります。あれも窮屈に感じるので、嫌ですね。ビアンテと呼ばれる車の様に中で通れるような作りは感動しました。

お子様が小さい頃はベビーシート、チャイルドシートに乗せる必要がありますが、やはりシートを着脱する時などは大人の方がやらなくてはいけません。そういった作業をする時に、車内は広い方が断然良いですし、特に天井が、より高い方が、動けるスペースが増えますよね。

また、お子様をシートから持ち上げる時なども、広い方が楽ですし、予期せぬトラブルなどにも対応しやすいと思います。従って、車内の広さはファミリーカーの選びのポイントの一つになります。

スライドドアがあった方が良い

ファミリーカーを選ぶ時はスライドドアが装備されてるかどうかが重要なポイントになります。

スライドドアが装備されていれば、子供が勢いよくドアを開けても、隣の車や壁などにドアをぶつける心配がありません。また、スライドドアが装備されていれば小さな子供でも簡単に乗り降りすることができますし、荷物の積み下ろしも楽になります。

ただし、手動のスライドドアだと開け閉めに強い力が必要になるので、電動スライドドアを装備している車を選んだ方がよいかもしれません。

ファミリーカーにおすすめの車両は?

いかがでしょうか?ここまではファミリーカーを選ぶポイントやコツをご紹介しました。

では、実際にどのモデルはファミリーカーにおすすめなのでしょうか?経験者におすすめの車について聞いたので、情報をまとめれみました。

日産・セレナ

ファミリーカーなら日産・セレナはおすすめ?

日産セレナは、やはり5ドアのMサイズミニバンということで、車内の空間がかなり広く感じられるところが最大のおすすめ理由となります。また、両手がふさがっていても、足を使って側面のスライドドアを開けられる「ハンズフリーオートスライドドア」が付いているのも、ファミリーカーとして、とても優秀だと思います。

特に、お子様連れのお母様などは、両手がふさがる事も多いでしょうし、この機能があることでかなり助かるはずです。子どもを連れてのお出掛け・買い物において、乗り降りの簡便さや荷物の出し入れでの広さが重要になってきます。スライドドアにおいて、ドアの下に足を入れるだけでドアが開閉するのは日産セレナのみの技術となっています。これにより雨の日での買い物時、両手が塞がっていてもドアを開ける事が可能であり、子どもを抱き抱えながらドアを開ける事も可能です。

またシートアレンジも豊富ですので、家族での遠出でも子どもがあまり苦になりにくいのも魅力的な点だといえます。

スズキ・ソリオ

ファミリーカーならスズキ・ソリオが良いでしょうか?

ソリオは軽自動車とあまり変わらないサイズですが、普通車なので軽自動車よりも安全性が優れています。また、ミニバンより価格が安く、燃費も良いので、非常にコスパが良い車といえます。

それに、一番安いグレードでも左側の後席は電動スライドドアになっているので、小さな子供や女性でも簡単に開け閉めすることができます。また、軽自動車とあまり変わらないサイズなので運転が苦手な人でも楽に運転することができますし、車重が軽いので軽快に走ります。

トヨタ・ベルファイア

ファミリーカーを選ぶならトヨタ・ベルファイア?

ベルファイアは最上級クラスのミニバンとして有名なので、簡単に購入できるわけではないと思います。しかし、良いファミリーカーを探しの方なら、一度検討するべきです。

Lサイズのミニバンなので、車内はかなり広く、大家族でも余裕に使えます。車が大きくなると走りずらくなると言われていますが、モデルチェンジ後のヴェルファイアなら、走行性能がかなり高く、満足している方が多いです。また、自動ブレーキシステムのため、子供を乗せても安心ですね。

もともと我が家の前の車はアルファードと言われる車でした。アルファードはミニバンの中ではとても大きい方で、中も広く家族全員大きい我が家ではちょうどいいサイズ感でした。

ただある日に父親がベルファイアと呼ばれる車を見つけてきました。中身などはほとんどアルファードと変わらないのですが、ヘッドライトがアルファードよりもいい意味でかっこよかったです。その結果、アルファードからベルファイアとほとんど同じ車を買い替えたのです。見た目は最強ですね。

スズキ・スペーシア

ファミリーカーならスズキ・スペーシアはどうでしょう?

さすがにベルファイアは買わないねという方には、スペーシアがおすすめです。軽自動車は、税金も車検も燃料費も安く済みます。

子供が小さいとか、家族が多い場合は無理ですが、将来の子供の法外な教育費を考えると、お金に余裕がある家庭を除けば、ファミリーカーとしては軽自動車がお勧めです。

軽自動車でもスペーシアのように大きい車は、購入時はリッターカーと同じくらいの値段で割高に感じるかもしれませんが、税金や車検などを考えると数十万円は安くなります。

我が家はここ数年間スペーシアに乗っています。軽自動車ですが、高校生二人を含む家族4人で乗っても、遠出の旅行でない限り、問題はありません。

まとめ

以上はファミリーカーを選ぶポイントとおすすめの車を紹介しましたが、いかがだったでしょうか?やはりファミリーカーだと、車の大きさは大事な決めてになります。

また、予算によって購入できる車が変わってきます。高級車も軽自動車も紹介しましたので、良かったらご参考にしてください。