【疲れた!】育児でイライラ?ノイローゼを防止する戦略とは?

育児でイライラする母親

社会で広がっている「母親が楽しく育児をする」イメージでだまされていませんか?確かに、育児をすると楽しいことがたくさんあります。しかし、辛い時期や「もう限界だ!」と思う時期も少なくありません。育児でイライラしている自分がどこかおかしいのではないかと思うこともあるかもしれませんが、ほとんどの母親が経験する気持ちです。

であれば、どうすれば良いでしょうか?そのまま育児ノイローゼにならないように、何かできることがあるのでしょうか?

今日は育児でイライラしているときのストレス解消法をいくつか紹介していきます。個人差がありますので、自分に合う方法をすぐに見つかると限りませんが、少しでも役に立てればと思います。

歌を歌って大声を出す

カラオケ子どもと一緒に日々生活していると、どうしても子どものペースに付き合うことになったり、親が思う通りに物事が進まない事が多いです。遊びの場面でもそうです。親が子どもに1人で遊んで欲しい時も、「ママ、一緒に遊んでよ」と来る事も多いです。

そんな時は、時間を作れるのであれば、カラオケに行って好きな歌を大声で歌うと良いです。車の中で歌ったり、文句を叫んだり、とにかく大声を出します。声に出して何かを言うのはかなりのストレス発散になります。車だと周りに聞こえる心配もないのでお勧めです。

誰にも言えないような事でも自分しか聞いてないので、何でも吐き出す事ができます。吐き出してしまうと自分の思いも明確になります。自分の腹黒い考えも全て吐き出してしまうとスッキリすると同時に申し訳ない気持ちも少し出て、また頑張ろうと思えるようになります。

アイディア
なかなか一人でカラオケに行く時間が作れないときは、YouTubeで自分の好きな歌のカラオケを探し、子どもとカラオケ大会をします。親は声を出しストレス発散になり、子どももノリノリになったり楽しそうにしています。とにかく声を出す事は役に立ちます。

ジムに通う

ジムでストレス解消育児ストレスは、知らず知らずのうちにどんどんたまってきてしまいます。甘いものを食べても、さほどストレス解消には役立たずあくまでも一時的な効果しかないことが多いです。

思い切って汗を流すことでストレス解消をすることができます。汗をかくことでネガティブな気持ちやストレスが飛んで行きます。

最近は24時間通えるジムがたくさんありますので、子どもを預けられない母親の場合も、朝一通うことや夜パパが帰ってきてから通うことができます。

ショッピングで解消

育児をしていると、なかなか好きなところに出掛けられず、ストレスがたまっても自分の時間を作れないなどの原因があります。育児でのストレス発散の一つは、まずは気持ちを違うところに持っていくことです。

たとえば、ネットを利用して通販サイトを使って商品を検索、購入するというのがストレス発散に繋がります。出掛けられずストレスがたまったときにネットで好きなものを買うと、一時でも自分へのご褒美ができると、少し気持ちが落ち着きます。

ただ、いつもこの方法を利用することはもちろんおすすめとは言えません。お金使いすぎの恐れがあるからです。その場合は、毎月の「ご褒美の日」やその日に使える限度額を決めることは良いのではないでしょうか?今月何にしようかなと考えるだけでも少しストレス解消になるかもしれません。

ママ友とのおしゃべり

以前は他の記事でも紹介したように、旦那に相談するよりも、他のママ達とコミュニケーションをとった方が、ストレス解消しやすいです。

育児ストレスの解消法は何?育児ノイローゼをどう乗り越える

ストレス解消と言えば、上記で説明したお買い物やスポーツ、カラオケなどは有効的かもしれませんが、育児中のお母さんにはなかなか時間がとれないこともあります。その点でおしゃべりは手軽にできるためおすすめです。

やっぱりおしゃべりは育児のストレスに有効ですね。ストレスは、不安などからもきます。思い通りにいかない事、なんでそうなるの…と、たまってしまうストレスは、同じ悩みを持つママ友とおしゃべりすることで、少しは解消します。

経験者であれば、いいアドバイスをもらえるかもしれないし、アドバイスなどなくても、聞いてもらうだけて、スッキリすることもあります。とにかく、ためこまずに、他愛もないない話をペチャクチャするだけで、ストレスは軽減されると思います。

Mamao

そしておしゃべりは費用もかからないというのも嬉しいですね。悩んでいることや不満に思っていること、子どもの面白いこと、楽しいことなど気のおけない友人とおしゃべりするとすっきりストレス解消となります。

心をときめかせる

ドラマを見るトキメキもストレス発散方法の一つです。どんなにストレスがたまっていても、どれだけ疲れてても、一日の終わりに大好きな俳優さんやアイドルのドラマ、動画、画像を見るだけで元気が出ます。癒やされます。また明日、頑張ろうって思えます。

心がトキメクと、ホルモンが活性化します。体調も良くなって、イライラも甲斐性します。結果的には、少し幸せな気分になります。お金もほとんどかからない、誰にも迷惑をかけないおすすめ方法の一つです。

自分の時間を持つ

普段、自分の時間が持てないというとがストレスに繋がります。例えば、子どもが寝静まってからでも、自分の時間を少し持つことがストレス発散になります。

好きな飲み物を飲みながらボンヤリとしてみたり、好きなお菓子を少し食べてみたり、長時間は無理だとしても30分でもそのような時間が持てれば、ストレスを発散させることができます。自分へのご褒美としても。

また、言うまでもないですが、旦那さんや、自分の親などに見てもらって自分は外出して気分転換することはとても大切です。1度子どもから離れてみると自分の駄目だったことや、子どもの気持ちなども冷静に考えられるます。少し時間をおくと冷静になり何が辛かったのか、何に対して怒っていたのか考える余裕がうまれると思います。

溜め込まないこと

育児では、子どもに振り回されて自分の思い通りに行かずストレスがたまることがあります。そんな時には、溜め込まずに人に話すことが大事です。

上に説明したように、ママ友とおしゃべりすることは有効的ですが、ママ友がいない場合は、とにかく人と話すことが大切です。

育児でのストレスがたまる毎日の出来事は、周りの人に話すと笑い話になることもあります。自分の親に電話をして聞いて貰ったり、話をしなくても、SNS上で気持ちを発散させたり、どのような形でも良いので自分の中で溜め込みすぎずに、周りに伝えると少しすっきりするでしょう。

まとめ

以上は育児で疲れて「もう限界だ!」と思うときに利用できるいくつかの方法をご紹介しました。

やはりストレスがたまると、ジムに通ったり、カラオケで大きな声で歌を歌ったりすることが有効的です。また、子どもを預けて好きなカフェに行くなど、一人でいる時間や友達と過ごす時間を持てると良いでしょう。

ただ、時間も必要なので、ワンオペ育児をしている母親の場合、なかなかできないこともあります。そういうときは、子どもが寝てからでも好きなドラマを見る時間を作ったり、好きな食べ物を一人で食べるなど、少し工夫できるかについて考えてみましょう。

育児ストレスをためないことが一番です。ママ友に話してアドバイスを聞くことが有効的です。それも難しい場合、とにかく人と話すことから始めましょう。ブログを作って毎日少し書いていくことも意外と気分転換になって、ストレス発散に繋がります。

もちろん、人によって有効的な方法は違ってきますが、「もう疲れた!」と思ったら、いくつかを試してみてください。少し時間はかかるかもしれませんが、自分に合う方法をきっと見つけることができます。