体を温める方法8選:仕事・育児ストレス解消にも冷え対策を

冬の寒い時期が来ると、多くの女性が悩み始めるのは、体の冷えですね。

体が温まらないと落ち着かないし、免疫力も下がります。更に職場のストレスあるいは育児ストレスを日々感じているのであれば、余計に冷えに敏感になるのではないでしょうか。

体が温まると、免疫力が上がり、ストレス解消にもなります。そこで今回は、冬寒い時期に体を温める方法を8つ紹介したいと思います。全ては私自身がよく行っている冷え対策になりますので、おすすめ温めるグッズも合わせて紹介していきます。冷えに悩んでいる方に少し参考になれば幸いです。

背中にホッカイロを張る

冬に役立つホッカイロですが、どの場所に貼れば一番効果的なのか悩みがちです。悩んだ時は背中の中央、肩甲骨の下あたりにホッカイロを張ってみてください。肩から背中にかけてに僧帽筋という大きな筋肉が存在します。こちらを温める事によって血流が良くなり、温められた血液が体全体に回ります。

もちろん腰に貼るのも良いですが、ワンピースなどを着ていない限り熱が逃げやすい場所です。その点、背中ならば熱が逃げる心配も少なく安心です。

浴室内でボディクリームを塗る

ボディクリームを塗った方が良いとわかっていても、寒い時期などは面倒くさく、後回しにすることが多いのではないでしょうか?また、お風呂でいくら温まっても、お風呂上がりに体を拭いたり服を着たりしている間にすっかり冷えてしまいます。

そんな時には、お風呂でボディミルクやボディクリームを塗るのが有効的です。

実は、浴槽から上がって、体がまだお湯で濡れている状態の時に塗るボディミルクがあります。うるおい・保湿のためにある商品ですが、これを塗ってから体を拭くと、なぜか体がいつまでも保温されていて、なかなか冷えませんのでおすすめです。

また、肌が乾燥する前に保湿することはポイントになるため、もちろん保湿効果も期待できます。実際に我が家が利用しておすすめできるクリームは以下です。

【GLAD】:お風呂で出来る新感覚スキンケア

忙しいママとお子様のためのお手軽スキンケア

保湿効果
(4.5)
値段
(4.5)
温まる効果
(5.0)
総合おすすめ度
(4.5)

我が家は以前からこちらのクリームを利用しています。なぜこちらを選んだかというと、大人も子どもも使えるからです。大人用と子ども用のスキンケアを分けるのが面倒で、【GLAD】なら、ステロイド不使用なので、安心して子どもと一緒に使えます。

風呂上りで体をく前に塗るクリームなので、楽ちんです!もう手放せなくなりましたので、定期便を利用しています。気になった方や一度試したい方は、ぜひ公式ページをご確認ください。

        【GLAD】の公式サイト        

腹巻き

比較的簡単な冷え対策は腹巻きです。腹巻きの中でもおなかの部分にポケットが付いているものがおすすめです。そのポケットの中にカイロを入れることができます。女性はおなか周りを冷やす方がよくないと言われてるので、腹巻きにプラスしてカイロで徹底的に冷え対策を行なえます。

頸動脈を温める

当たり前なことですが、首を温めることは大事です

タートルネックの洋服を着たり、ネックウォーマーやスカーフを巻いたりすると良いでしょう。スカーフを巻く時は、気温に合わせ、寒い時は2重巻きにして結ぶ部分を短くすると効果UPです。また、カイロや湯たんぽを首の後ろに背負う感じでも良いです。但し、この場合はタオル等で包んで、低温やけど対策を忘れずに!

この方法が効果的な理由は、首には太い頸動脈が走っているため、ここを温めると血液が温まりやすく、そして温まった血液が体中を巡るからです。鼻がグスグㇲする時や風邪の引き初めにも効果抜群ですよ!!

足のセルフマッサージ

冬は特に足から冷えてしまうことが多いので、可能な範囲で毎日足のマッサージをすると良いです。

マッサージクリームやマッサージオイルを手のひらで少し温めてから足の指先からマッサージします。また手を使って指を広げたり回したり伸ばしたりしてほぐします。足の指先から足裏、足の甲、足首、ふくらはぎ、膝、太ももと心臓から遠いところから始めて少しずつ体の中心へ戻すイメージで行います。

足は毎日体を支えて常に働いているし筋肉も多いので、マッサージすると血の循環もよくなり、足の疲れもとれます。冷えの改善もですが、足痩せ効果もあります。

【するりら小町】:マッサージオイルジェル

足のマッサージジェル

マッサージ効果
(5.0)
値段
(3.5)
温まる効果
(5.0)
総合おすすめ度
(4.0)

実は、体を温める目的で足のマッサージを始めるには100均で売っているマッサージオイルは十分だと思います。私は毎日寝る前に数分マッサージするようにしていますが、最初は安いオイルを使っていました。

ただ、だんだんオイルのベタベタ感が気になるようになり、現在は洗い流さなくて良い【するりら小町】というオイルジェルを使っています。寝る直前にマッサージし、わざわざ洗い流さなくて大丈夫なので、おすすめです。

温める効果以外にも、セルライト予防や美脚効果が期待できます♪

     【するりら小町】の公式サイト     

ホットヨガを始める

ホットヨガを始めると、リンパの流れが改善され、体が柔らかくなるなど、メリットが大変多いです。もちろん、その一つは冷え対策となる体温調整機能です。温かいスタジオで1時間ヨガレッスンを行い、たくさんの汗をかくことで、体が温まります。

したがって、冬こそはホットヨガにチャレンジしてみることに向いている季節です。レッスンが終わって外に出ると、体がまた冷えてしまいます。温め効果をより長引くには、帰宅後に白湯かハーブティーを飲むと良いでしょう。

ホットヨガスタジオの選び方?【ホットヨガスタジオの選び方】初心者におすすめの教室選択

白湯を飲む

意外かもしれませんが、白湯を飲むのは効果的です。朝昼晩にコップ1杯で十分です。

白湯の作り方は、水道水でも良いので適度な分量をヤカン等で沸騰させます。その後5分程度沸かせ続けたら火を止め、それが飲める程度に冷めたら完成です。また、沸き直しは良くないと言われているので、ポットや水筒等、保温出来るものに入れておくのが良いと思います。

白湯を飲むと、身体が温まり、内蔵の冷えが改善され、便秘解消の助けになります。さらに、血行が良くなることで新陳代謝も上がり、肩こり解消や美肌効果、またダイエット効果も期待できるでしょう。

ハーブティーを飲む

白湯を飲みたくない方は、ハーブティーがおすすめです。最近はハーブティーが人気で、体を温める効果だけではなく、様々な効果を持つティーを見つけることができます。

リラックスしたいときはカモミールティーやミントティー、元気出したいときはオレンジなど、いくつかの種類を用意して、その日に気分で選んで飲むのがおすすめです。私は飲んでいるハーブティーを紹介します。

【MENT】:100%オーガニックハーブティーブランド

おすすめハーブティー

(5.0)
値段
(4.0)
温まる効果
(5.0)
総合おすすめ度
(4.5)

私自身は高校生のころから睡眠が悩みで、眠くてもなかなか眠れないことが多いです。冬に体が冷えると、さらに眠れなくなってしまいます。子育て中に元気が毎日必要なので、眠れないととてもつらいです。

なので、ハーブティーもよく眠れる効果のあるものを選ぶようにしています。今まで複数のものを試しましたが、今は【MENT】という100%オーガニックハーブティーブランドのハーブティーを飲んでいます。それぞれ夜用と朝用のブレンドがあるので、便利です。寝る前にハーブティー一杯飲むだけで体が温まり、よりよく眠れるようになります。

        【MENT】の公式サイト        

まとめ

以上は体を温めるいくつかの方法を紹介しました。

私心身は冷えに悩んでいる、よく使っている対策をまとめました。また、色々おすすめグッズを紹介したので、気になる方は一度試してみてください。

どの方法が一効果的かについてですが、組み合わせが一番良いと思います。仕事中にカイロなでを使って体を温めます。時間があればホットヨガのレッスンを受けて、家でお風呂に入ります。風呂上がりでボディミルクを塗って、ハーブティーを飲みます。最後に軽く足のマッサージをしてぐっすり眠ります。

毎日全てを行うのが不可能かもしれませんが、いくつかの方法をぜひ試してみてください。翌日はきっと体がポカポカになります。