子育てママの車選び!先輩ママに聞くおすすめ車5選紹介

ママにおすすめ車とは?

子育て中のママには、「車を買おう」あるいは「車を買い替えよう」と思うときがあります。ただ、子どもがいると、どのような車を選ぶべきについて、悩むこともあるのではないでしょうか?

今回は、子育て中の方はどのポイントに注意して車を選べば良いかについて少し話したいと思います。ママのための車選びについて説明して、実際におすすめモデルを5つ紹介します。普通車も軽自動車も紹介していきます、興味のある方はご一読ください。

子育てママの車の選び方

では、まずは子育て中ママの車の選び方について触れたいと思います。車を選ぶ際、以下の3点が大事です。

  • スライドドアを選ぶこと
  • バリアフリーであること
  • 車内空間の広さ
順番で説明していきたいと思います。

スライドドアを選ぶこと

子供は力の加減ができずドアを思いっきり開けてしまいます。狭い駐車場でバーンと開けて隣の車に傷を付けてしまうのでドアは横にずれて開くスライドドアが安心です

スライドドアだとチャイルドシートに乗せるときなどもドアが開き過ぎないように注意する必要がないので、とっても気が楽です。またかなり大きく開くので子供がよじ登るのも苦労しません。普通のドアだと閉めたつもりがちゃんと閉まっていなくて慌てることも多いのですが、電動のスライドドアならさらに確実に閉まるので安心度が高いです。ゆっくり開閉するのでイライラすることもありますが安全・安心なのはスライドドアだと思います。

また、スライドドアが実装されているかどうかだけではなく、楽に開け閉め出来るかどうかも大事です。子供を抱っこし荷物も持っていると、車の乗り降りが大変ですドアが楽に開け閉め出来るかが車選びの重要なポイントになってきます。ドアを開けた状態で、荷物を乗せたり子供をチャイルドシートに座らせなければなりません。長時間ドアを開けているので、周りの方の迷惑にならないようにするためにもやはりスライド式のドアが良いです。

最近では、電子カードキーをもっていればドアに触れただけで開く「パワースライドドア」を採用している車もあります。また、ドアを軽く湿れば自動で最後までドアが閉まってくれる機能が付いているドアであれば、半ドアでちゃんと閉まっていないという状態がなくなります。子供や荷物を抱えている場合には便利です。

バリアフリーであること

チャイルドシートの装着しやすさや、ベビーカーの収納のしやすさを重視したいと思います。後部座席のドアがワンタッチでスライド出来たりすると便利だと思います。また、スライドに加えて大きく開くと、お子様連れのお母様には助かると思います。後ろのドアもワンタッチで開くと、お子様を抱いたままのお母様も軽々と買い物袋等を収納しやすいと考えます。

車内に関しては、椅子のレイアウトを簡単に変えられる作りであったりとか、荷物を置くスペースが広かったりすると、尚良くなると思います。子どもが乗っている時に泣き出さないように、子どものあやし道具を置くスペースも必要だと思います。

車内空間の広さ

お母さんが子供を抱っこしたときに、広くなければ圧迫感から疲れてしまうためです。子供はチャイルドシートにずっと座っていられる子ばかりではありません。子供はお母さんに抱っこしてもらうため泣き叫んだりするので、車内では仕方なくチャイルドシートから下ろして抱っこすることになることが少なくありません。

そうなると、車内空間が広くなければお母さんの負担が大きくなります。もし社内空間が狭いと、お母さんは圧迫感から余計に疲れてしまいます。子供を抱っこしてもなおゆとりのある広い社内空間、これがお母さんには必要なのです

ママにおすすめの車5選

ここからは、実際にママにおすすめできる車をいくつか紹介していきます。

トヨタ・ポルテ

なんといってもスライドドアが電動で、上がり口も低く設定されていることがおすすめポイントです。荷物が多くてドアの開閉が難しいときはとても助かります。子供が一人で乗車するときも、スライドドアなので、隣の車にぶつけないか、気にしなくてすみます。

他に、車内が広い空間で、車高も高いので、見た目より広く感じて解放感があります。子供は広くて座りやすいと言います。シートアレンジも豊富で、助手席を前に倒すと机になって、ジュースやお菓子など置けて、公園でミニピクニックみたいにすると、子供もきっと喜んでくれます。

また、大人の自転車も頑張れば乗せれます。後部座席の後ろも広々していて、荷物も沢山入っておすすめの車です

ホンダ・N-BOXカスタム

ホンダ・N-BOXカスタム

まずは価格的に手ごろであるところが良いです。子育て中の家庭は何かと出費が多いはずなので、家計の負担にならない程度の金額で購入できるのはメリットになります。街乗りの場合は1Lあたり16~17km程度の燃費なので、メンテナンス費用も財布に優しいです。

後部座席がスライドシートなので、子供が急にドアを開けて後方からの車や自転車に危険な思いをさせることを避けることが可能です。また、後部座席はシートを倒すと完全なフラット状態になり、27インチのママチャリであっても積み込むことができます。荷台が地面から高くないので、積み下ろしもラクラクです

大人4人が余裕をもって乗車できる広々空間なので、子供を乗せての買い物やお出かけも快適です。

マツダ・AZ-ワゴン

マツダ・AZ-ワゴン

軽自動車のAZワゴンの特徴は、軽自動車だけど、車内がとても広々としているところです。天井の高さがあり、軽自動車でも広く感じるのです。

そして、メーターなどの表示がシンプルに書いてあるのでわかりやすいです。いすのクッションの座りやすく、長時間運転していても疲れづらいです。

また、ギアが下ではなく、前に取り付けられているので、手が届きやすいです。子育てのママは、子供を車に乗せて運転するのは大変ですので、無駄な動きがないようにできていることもおすすめポイントになります。後ろに荷物置き場も荷物の大きさによって、椅子が倒せるので子供の自転車も乗せることが可能です。

ダイハツ・タント

ダイハツ・タント

ダイハツのタントもおすすめです。タントに乗っているママが多いことが理由のひとつに上げられます。よく見るということは、この車が子育てママに受けていると言えます。

メリットはスライドドアですね。子供が大きくなってからも非常に乗り降りしやすいですし、背の高い荷物も入れることができます。ボディカラーも色々ありますし、自分の好きな色でオシャレに乗りこなせるのではないでしょうか。

また、中は広々空間でありながら、車自体は小回りが利くので、非常に運転しやすく、運転が苦手なママに特におすすめです。ちょっとそこまで買い物や子供の送り迎えなどは小回りが利く車のが便利ですよ。

ダイハツ・ミラジーノ

ダイハツ・ミラジーノ

軽自動車なので小回りが利きますし、駐車場でも停めやすい、コンパクトなデザインです。少しレトロで丸みのあるパーツもおしゃれです。ドアはスライドドアではないですが、子育て中にも便利な4ドアです。買い物の際にも荷物をいくつか積んでも問題なく、人が乗れるスペースは確保できます。とても広いという訳ではないですが、普段の通勤や買い物、子供の送り迎えなどには適している車といえます。
デメリットは特に見当たりませんが、強いていうのであれば、坂道での馬力が弱いことです。やはり少し前の世代の軽自動車ということもあり、坂道になると急にスピードが出なくなってしまいます。高速道路や道の悪い道路は少し注意が必要かもしれません。舗装されている通常の道路であれば、問題なく利用できます。

まとめ

今回は子育て中のママにおすすめの車選びについて少し説明して、実際におすすめのモデルをいくつか紹介しました。

今後車を買いたい、あるいは買い替えたいと考えている方に参考になったら嬉しいです。