【保育園】慣らし保育の体験談:いつから?大変?期間は?

保育園の慣らし保育は大変?

始めての保育園なら、ママ達がよく心配するのは、慣らし保育ですね。大変なのか、どのようにやるべきかなどです。

正しいやり方の情報収集をするのは大事だと思いますが、子どもによって慣らし保育の流れや大変さが違います。したがって、「このやり方が一番良い」のがありません。

実際に慣らし保育を経験してきたママとパパの体験談を読んだ方が、きっとイメージがわきやすくなると思いました。そこで今日は、慣らし保育の体験談を紹介していきたいと思います

慣らし保育の体験談

Nさん(30代のパパ)

最初の2週間程度は、1〜2時間位の預け時間を繰り返し、以降からは、半日から1日と1ヶ月かけて時間数を増やしていったと記憶しています。

保育園入園前から説明会がありましたが、慣らし保育を行うにあたり預ける時間などの保育園生活というものに慣れていないためか、スケジュール管理がとてもわかり難かったです。

親があたふたしている姿をまだ1歳になりたての子供が見ると心配なのか、何かを察知してか、預ける前からギャン泣きがスタート、初日は預ける練習をしないといけないのに、泣いている姿を見てしまうと心が痛く、1時間後の迎えであっても、時間がなかなか過ぎないとヤキモキしていました。

でも不思議と暮らすには数人の先生がいましたが、その中の1人の先生には心を開き、いくら預ける前に泣いていても、その先生が抱っこすると泣き止んでくれていました。ただ、入園から1ヶ月も過ぎるとある程度落ち着いてきますが、ネックはゴールデンウィークです。この長期休暇を挟んだ初日は、すべてがリセットされてしまうほどで、入園初日と同じ状況に戻ってしまいました

保育園側は、柔軟に慣らし保育を改めてやってみることを提案してくれて、なんとか中旬ごろには軌道に乗ることができた感じです。誰もが通る道であると思いますが、その子その子で性格も違いますし、ずっと泣いていることもいました。慣れていくことも個人差があるということですね。

Aさん(30代のママ)

慣らし保育は、私の仕事復帰が月中頃でしたのでゆっくり行うことができました。

初日は1時間だけ預ける事になっていました。甘えん坊でしたので泣くことは覚悟していたのですが、1時間後に迎えに行った時には泣き疲れて寝ていました。抱き上げると目覚めたのですが、私をみて安心したのかギュッと抱きついて来ました。

その後日間は1時間だけ預けるのを繰り返し、4日目から預ける時間を伸ばして10日程経った頃には15時のおやつが後のお迎えで大丈夫になりました。慣れていけば泣くのは朝離れるタイミングだけで、迎えに行った時も楽しそうに遊ぶ様子が見られました。嬉しいことですが、逆に私が寂しく思ったくらいです。

時間に余裕があったので、ゆっくり徐々に慣らし保育が出来たことで、早く園に慣れることごできたのだと思います。

Fさん(30代のママ)

認可保育園に生後10カ月から登園しています。

通常慣らし保育は、入園する2週間前からが基本ですが、私の場合は1ヶ月いただきました。最初の1週間は9:00~11:30まで慣らし保育をしました。2日間はママも保育園にずっと在中し、3日目以降は9:30~10:30までママはさようならし、子どもは一人で保育園にいました。4日目以降は9:30~11:30までママはさようならし、子どもは一人で保育園にいました。お昼ご飯が10:30なので、最初の2日間はママがご飯をあげてました。

2週目は、お昼寝タイムまで慣らし保育をし、3週目は16:00ごろまで保育園にいました。4週目は職場復帰した時間帯と同じ朝8:00に登園し17:45にお迎えにいきました。

慣らし保育を重視している保育園でしたので、親の気持ちを大切に担任と話をしながら子どもの様子と兼ねあいながらゆっくり慣らし保育をしていきました。ちょうど10カ月ごろは人見知りを始める時期なので、ママが離れると子どもは泣いてばかりいましたが、少しずつ先生に慣れてきて泣く時間も少なくなりました

土曜日は、職場がお休みの親が多いので園児が少ないので、先生が一人の子供に費やす時間が多くあり、慣らし保育に適していました。しかし、子どもにとっては慣れない環境なので、安心感を求めているため親指を口に加えおり、慣らし保育の最初の2週間は、指にタコができ化膿してしまいました。

面白いエピソードとしては、ママが保育園に迎えにいくとすごく大泣きして抱っこするとピタっと泣き止むことでした。

Pさん(40代のママ)

子供が1歳の時に復職しました。それに合わせて保育園の入所も決まり、慣らし保育をすることにしました。

慣らし保育は、うちの保育園の場合、1週間から2週間の間で選ぶことができました。10月から保育園の入園が決まっていたので、9月に慣らし保育をすることにしました。うちの場合、2週間にしました。

最初は、親子が離れるということで子供は泣き、とても大変でした。慣らし保育の2週間ではこの泣きは収まらず、1か月ぐらい泣いていました。その後は、もうあきらめたのか、けろっとしています。泣かれると、こちらも申し訳ない気持ちになりますが、ここはぐっと我慢です。

子供は同じ年齢のお友達がたくさんできて、最近では、保育園に着くとさっと先生やお友達のほうへ行ってしまい。親のほうが少し寂しいです。慣らし保育は子供のためにも、親が仕事復帰するペースをつかむためにも、できれば長い間やったほうがいいと思います。

Tさん(30代のパパ)

私の娘は生後半年くらいから他の子よりも人見知りが激しい子でした。
1歳となり、妻が職場復帰する前に慣らし保育を始めたのですが、最初は保育園の外観が見えただけで大泣き。
しかし通い続けているうちに、他のお友だちはお母さんとバイバイしても泣いていない事や先生が悪い人じゃないという事を感じ取ったのか、2週間もすればケロッとしていました。
1ヶ月が経過する頃になると、私にバイバイもせず、お気に入りの先生の所に抱きつきに行くようになり、少し複雑な気分になるほどでした。

まとめ

いかがだったでしょうか?5名の保護者の体験談でしたが、やはり似ていることが多かったのではないでしょうか?

多くの方は子どもを預けるときに不安を抱いています。ママやパパから離れることに慣れていない子どもが泣いてしまい、同じく子どもから離れることに慣れていない親の場合も、大変申し訳ない気持ちになります。

しかし不思議なことに、どの子でも結局保育園で友達を作り、朝は楽しく通うようになります。

Mamao

ママにバイバイして友達と遊びに行く子を見ると、ママは逆に寂しい気持ちになることも多いみたいですね!

この「泣きやんで楽しく通えるようになる」までの期間については、やや個人差がありますが、多くの保育園では2週間の慣らし保育期間は一般的みたいですね。もう少しゆっくりできる保護者なら、1ヶ月にかかて少しずつ預ける時間を長くしています。敏感な子の場合、1ヶ月を置いた方がやりやすいかもしれませんが、基本的には2週間は十分です。

したがって、慣らし保育に2週間しかかけられないのであれば、特に心配する必要がないと思います。きっと寝れるはずです。最初は少し辛いかもしれませんが、子どもは徐々に慣れていくので、しばらくして気づいたら、子どもは自ら保育園に行きたがるようになります。

今後の保育園の慣らし保育について心配している方に少しでも参考になれば嬉しいです。