【産後太り】でなかなか痩せない?体形を戻す方法を紹介

産後太りはどうすれば良いか?

皆さん、出産後に元の体重や体形がなかなか戻らないといった悩みがあるのでしょうか?私の周りのママ達の多くが産後太りのこと気になります。

もともと「やせ型」なのですが、妊娠中は初期から後期まで体重が増えやすく、2度の妊娠中は例外なく15キロ程増加しました。分娩直後は4キロ程落ちましたので、残り11キロを産後の生活の中で減らしていくのですが、実際、赤ちゃんに振り回されて毎日があっという間で、自分のための時間などありません。
(30代の二児の母)

1人目の時は5号の服を着ていました。 二人目の出産後は7号になり、体型はみんな産後に見えないと言っていましたが、セルライトがお尻や太股にたくさん出来ていて、隠れ肥満がありました。 体質もかなり変化して、昔は薄着でも平気でしたが、冷え性になり、足先や、指先など身体の末端が冷えて、少し動いても疲れるし、一気に老け込んだ感じがしていました。
(40代の二児の母)

元々やせ型の人でも産後太りに悩んでいます。やはり、妊娠中に増えている10数キロ、人によって20数キロは、出産後は思うよりもなかなか体重が減少していないですね。特に2人目は、赤ちゃん分も減っていないという方もいます。

Mamao

私自身は出産後の体重が大変気になっていました。しばらくしたら、体重が戻ってきましたが、体形がなかなか戻らないですね

授乳して赤ちゃんにたくさん飲んでもらうというやら方について聞いたことがありますが、いくらでも飲んでくれる訳ではないですね。場合によって、ママが苦労するだけなので、この方法に頼るのは、そこまで効果的ではないと思います。

産後太りと戦う方法

ここから私自身が利用した方法や周りに出産してから痩せた友達が利用していた方法を紹介していきます。

ゆがんだ骨盤をサポートする

出産で骨盤がゆがんだり緩んだりしている体が、無駄な脂肪を蓄える原因になるようです。ゆがんだ体をまず助けてあげないと、ダイエットをいきなり頑張っても効果がでにくいかもしれません。

1つの方法は、産後ガードルを着用することです。様々な商品がありますので、自分に合うものを選ぶことができます。腰痛サポート替わりにもなりますし、下半身の冷えを防いでくれ、お腹が締め付けられたら、食べすぎない対策にもなります。着用に慣れるまでが少々しんどいと思いますが。

もう一つは、やはり整体に通うことです。最近は、託児付きの産後整体に特化したお店も多数あるので、そこで専門の方に体を整えてもらうことでも効果が出やすくなります

ダイエットよりも、食事に意識を持つ!

産後はなかなか痩せない?産後は体のやや長い回復が必要なので、いきなりキツイダイエットを始めることは良くないです。また、授乳している方の場合、母乳に影響が出る可能性もありますので、あまりおすすめできません。では、どうすれば良いのでしょうか?やはり一番いいのは、まず食事に意識を持つことです。

産後は子供の授乳時間などが一定ではない為、寝不足状態になることがあります。しかし、特に母乳育児の場合はすぐにお腹が空くこともしばしばです。その為、軽くつまめるお菓子などを摂取することによって益々体重が増えるという悪循環に陥ることもあります。

出産後しばらく経過しても増えた体重がなかなか減らないという方は、おそらく食欲が増えたままになっていることが多いです。当たり前ではありますが、間食をし過ぎないようにするや、脂っこい食事を控えるとかごく普通のことですが、少し意識してコントロールするだけでも体重は減少します。栄養は摂りつつも間食を減らし、出来れば糖質の多い炭水化物を食べないようにすることです。定番のやり方ではあるかもしれませんが、有効的です。

一日のトータルカロリーを計算する

妊娠前に痩せていたのであれば、その時の食生活と生活習慣を取り戻すことで体重は減らすことが出来ます。習慣は恐ろしいもので、知らない内に以前よりも食べ過ぎていることがあります。出産後は子供の面倒を見る時間が増えて、何かをしながら物を食べたり、空いた時間を見つけては何度も物を食べている可能性が高いです。

この習慣が身に付いてしまうと、あまり食べていないようでも、1日のトータルカロリーは多くなっていることが多いです。なので、まずは食べた物とカロリーをスマートフォンのアプリやメモ帳を使って記録します。身長や体重、筋肉の量で多少数字は前後しますが、女性の場合は1600kcal~1800kcal以内に収めると良いですね。

自宅でできる運動からスタート

産後太りの解消法は何?産後しばらくはキツイ運動は禁止なので、すぐに運動で痩せることができないかもしれませんが、自宅で気軽に始められる運動からスタートすることが可能です。例えば、踏み台昇降運動です。

踏み台昇降運動は一見退屈に思えるかもしれませんが、自宅でいつでも出来るというメリットがあります。天気に左右されることは一切ありません。赤ちゃんが寝た後好きなテレビを見ながらでもいいですし、赤ちゃんをおんぶしながらでしたら赤ちゃんは一定の心地よいリズムですんなり寝てくれることもあるでしょう。

そして電話帳などを使い、お金をかけずに自作出来るのも利点で、最初は低い高さから始め、徐々に高さを上げていくことが出来ます。基本的に体重を減らすためには、消費カロリーを摂取カロリーより多くしなければなりません。ただ産後はまとまった時間を一気にとることも難しいことも予想されるため、そんな時自宅で出来る有酸素運動を1日の中で数回に分けて行うことが出来るのもおすすめしたい理由のひとつです。

プロに任せる

上にも述べたように、産後しばらくは本格的なスポーツや運動が厳しいですが、少しずつ体が回復してきたところで、集中トレーニングを開始して産後太りを一気に乗り越えることができます。

ただ、フィットネスジムに通う初めても、自己流トレーニングで効果が出ないことが多く、結局は継続出来ないことがしばしばです。

そこでおすすめしたいのは、やはりマンツーマンで行われるパーソナルトレーニングです。なぜなら、産後太りを乗り越えるためのピッタリのトレーニングをトレーナーに考えてもらうからです。言うまでもないですが、自己流トレーニングで頑張るより効果的です。

Nさん、32歳、女性

私の場合は筋肉が産後にかなり落ちていたみたいで、隠れ脂肪の肥満でした。 たんぱく質を取る食事指導をうけて、 定期的にマシンの筋トレをしていたら、2ヶ月くらいで効果が出ました。体脂肪も落ちて、体重も変わりませんが、セルライトが大幅に減って引き締まりました。 運動で気持ちもスッキリするし、体質も昔みたいに良くなりました。

パーソナルトレーニングジムは高いというイメージが強いですが、産後太りの場合、集中して体形を戻すことができたら、通う期間が長くなくても大丈夫です。一旦元の体形や体重に戻れば、その後は自分で維持するだけです。

パーソナルトレーニング+託児所の応援金【B-CONCEPT】
  • トレーニング中に子供をどこに預ける?、と悩んでいる方に!
  • 産後ママにピッタリのトレーニングと託児所の応援金で産後太りを解消
  • 女性向けスタジオB-CONCEPTなら、産後ママ応援キャンペーン実施中

 詳しくはこちらをキリック☟
 

 

↪ 脚痩せダイエットモニター募集中

まとめ

今回は、産後なかなか痩せないという悩みを持つ方のために痩せる方法をいくつか紹介しました。

産後しばらくは回復が必要なため、体重をそこまで意識する必要がないと思います。ですが、時間が経っても体重がなかなか戻ってこないとなると、やはり心配し始める女性が多いですね。

そこで少し痩せることに意識を向けることからスタートすると良いです。お菓子が食べすぎていないか、お腹が空いたときに高カロリーのものを食べていないかなど、日常生活の習慣を気付くだけで効果が出ることも多いです。

食事だけでなかなか難しい場合は、運動も合わせて活用しましょう。自宅で気軽にできる方法が多いので、少しずつやっていくと良いでしょう。また、産後の体重は比較的に短期間で落とすことが可能なため、パーソナルトレーニングで元の体形を戻す方法もあります。

産後太りに悩んでいる方も、いくつかの方法を使ってみてはいかがでしょうか?